読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラムボンが笑ったら

ただ毎日、思ったことを書いて行きたい

生きるということ

いつか死ぬということ

 

その事実はいつもそこにあるもので、でも普段私たちはそれを見ないふりして生きている

 

前職で私に大変良くしてくださった先生が昨日、脳卒中で急死された

頭痛を訴えて倒れられ、そのままだったそうだ

 

 

 

つい半年前、結婚式に呼んいただいて、幸せそうな顔を見たところだったのに

私が落ち込んでいる時には飲みに行こうと誘ってくださって、また飲みに行こうと約束していたのに

私はもう、声を聞く顔も姿を見ることと出来ないんだ

 

 

きっと先生だって、まだまだやりたいことがあったはず

心配なこともたくさんあったはず

奥さんとだって、まだまだ一緒にいたかったはず

それがここまでなんてあんまりだ

 

 

あんなに素敵で人に好かれる人もそうそういない

どうしてそんな人が、選ばれなくてはならなかったのか

 

 

お通夜も告別式も、怖くて、いけない

本当のことだって、まだ信じたくないんだ

多分、身内以外の身近な人が亡くなったのは、私はこれが初めてだから

ショックが大きすぎる

 

 

 

人はいつか死にます

それがいつかは、たぶん自分にもわからない

後悔しないようにって、絶対無理だけど

いつも自分を裏切らない選択をしたい

 

 

心からご冥福をお祈りします

大好きでした

嘘偽りなく好きでした

大好きなサックスを、いつまでも吹いていられるような、美しい夢を