読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラムボンが笑ったら

ただ毎日、思ったことを書いて行きたい

芯のある人になる

会社でよく話しかけてくださる、60歳くらいのおじさま

どうやら彼は、当たり前だけれどすごくたくさんのことを知っている

 

 

ちょこっとだけ話が長いから、みんな邪険に扱っていて少し悲しいのですけれど、私としては彼は、たくさんたくさん苦労をした方なんだなぁと思う

苦労をしたから、たくさんのことを知っているんだなぁと思う

 

 

わたしはそう、つまり、平たく言えば八方美人で、そういう人間は表面上だけで中々信用を得られにくいし、特に人に好かれるということはない

わかっていながらわたしがそれを続けてしまうのは、「当たり障りがないから」

要は、極端に嫌われるということが少ないと思うからだ

長いものには巻かれ、人の意見に流されやすい

自分に自信がないから、自分を通すこともできない

 

 

 

それじゃあいけないんだと彼はいう

人に流されるなとはいわない、わかってて流されることももちろん必要だけど、それでも自分はしっかり持ってないとダメなんだよと

そうしないと、つまらなくなっちゃうからねと

 

 

なるほど、わたしつまんなかったんだ

あーなるほどなぁ

つまんなかったんだなぁ人生

確かにつまんないわ

 

 

大きな柱を1つ持つ

そこからは絶対にブレないこと

大切なことは、たった1つだ