読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラムボンが笑ったら

ただ毎日、思ったことを書いて行きたい

人を好きになる気持ち

今日の昼はお友達とランチ

夜は幼馴染と飲み

びっくりするほど喋った一日だったなぁ

 

 

内容はというとまあ、そんなに大したことでもないんだけれど、総合して言うと、人を好きになる気持ちのことだったかなと思う

 

 

 

しかし今時の中学生はなんていうかそう、ませている?というか背伸びをしている?というか多分あの子は、中学校の時の私と同じように、なんて言うかなぁそうちょっとだけ勘違いをしている気がする

その人の事を自分は全部知っていたいと、友達なら全部知っていて当たり前だと、きっと彼女は思っているんだろうけれど

それは時に人も自分も追い詰める

それはその人が好きなんじゃない、ただの執着で、それは多分、全部自分を肯定するためだ

人が好きなんじゃない、自分が好きなんだ

 

 

 

彼女は彼女自身が、他人の事を考えて自分のバランスを崩すのは、人に奉仕する優しくて素晴らしい人間であると、きっと勘違いしているし、それを他人に伝えたい

結局は自己顕示欲だし、自己中心的

私もそうだったのよねぇ

けどそれは、とんでもなく、無意味で馬鹿馬鹿しいことだ

だって誰も、そんなこと気にしてなんかいないんだもの

きっといつか、彼女も気付くだろう

そして気付く時、彼女はとても傷つくんだろうけれど、私はどうかその時ができるだけ早いことを祈ります

 

夜は幼馴染と飲み

お互い彼氏彼女が欲しいという結論に

私もなんていうか、久しぶりに人肌が恋しくて…

多分私自身不安でいっぱいだからだ

弱っているんだろうなと純粋に思う

 

 

ああ、人を好きになりたい

そんな気持ち、忘れてしまったみたいで怖い

元彼と別れてからずっと、そんな人がいなかったもんだから、ときめくということを忘れてしまったんだなぁ

 

 

ときめきは人を綺麗にする

ほんとうにそうだと思うの

恋をして、変わりたい

人を好きになる前に、自分を好きになることからなんだけれど…

 

 

ハードル高いなぁ